どちらとも指定したポートに穴を開けるコマンドですが、少し用途が違います。

portsは指定したポートが外部に公開されるので、誰でもアクセスできる状態になります。 いっぽうexposeはホストのみにポートを公開します。

リバースプロキシで外部からのアクセスを振り分ける構成を作っていたときに、振り分け先のコンテナが丸見えだったのでメモ。