Javaで非同期処理を行うと、コールバック地獄になって書きづらくなってしまいます。

JavascriptではPromiseを使えば見やすく、エラー処理もしやすくなって便利ですよね。

connectAsync()
  .then(() => {
    // いろいろ...
  })
  .then(() => {
    // いろいろ...
  })
  .catch((e) => {
    // エラー処理
  })

Javaでこういう感じの非同期処理したい。

そんなときはRxJavaのCompletableを使おう。

private void process() {
    connectAsync()
            .andThen(task1())
            .andThen(task2())
            .subscribe(() -> {
              // 成功したときの処理
            }, (e) -> {
              // 例外が発生したときの処理
            });
}

private Completable connectAsync() {
    return Completable.create((emitter) -> {
        // てきとうな処理
        // ...
        System.out.println("connect");
        emitter.onComplete();
    }).observeOn(Schedulers.computation());
}

private Completable task1() {
    return Completable.create((emitter) -> {
        // てきとうな処理
        // ...
        System.out.println("task1");
        emitter.onComplete();
    }).observeOn(Schedulers.computation());
}

private Completable task2() {
    return Completable.create((emitter) -> {
        // てきとうな処理
        // ...
        System.out.println("task2");
        emitter.onComplete();
    }).observeOn(Schedulers.computation());
}

出力結果は

connect
task1
task2

となり、observeOnで別スレッドで動かしているにも関わらず常に順番に実行されます。

結果を返す処理はSingleを使う。

private void process() {
    readValue()
            .flatMap((v) -> toDouble(v))
            .flatMap((v) -> increment(v))
            .subscribe((v) -> {
                System.out.println(v);
            });
}

private Single<Integer> readValue() {
    Single single = Single.create((emitter) -> {
        emitter.onSuccess(100);
    });
    return single.observeOn(Schedulers.computation());
}

private Single<Integer> toDouble(Integer value) {
    Single single = Single.create((emitter) -> {
        emitter.onSuccess(value * 2);
    });
    return single.observeOn(Schedulers.computation());
}

private Single<Integer> increment(Integer value) {
    Single single = Single.create((emitter) -> {
        emitter.onSuccess(value + 1);
    });
    return single.observeOn(Schedulers.computation());
}

SingleではandThenではなくflatMapになります。

名前が違うのはPromiseとRxJavaでは意識している部分が違うせいではないかと思っています。

それぞれが注目しているのは、Promiseでは 処理 の流れ、いっぽうRxJavaでは データ の流れになっているのだと思います。